妊活中に必要な葉酸サプリ

葉酸は妊娠中や妊活中の女性にとって必要な栄養素です。これは、生まれてくる赤ちゃんの先天性の異常に対するリスクを下げることができます。そのため、厚生労働省からも摂取が推奨されているのです。

葉酸による効果とは?

葉酸は、水溶性のビタミンで、血液を作り出すことにとても関係の深い栄養素です。葉酸だけで、血液を作るわけではないのですが、葉酸なくして健康な血液は作れません。葉酸が不足することによって貧血の症状が現れるのです。

この葉酸が不足することで起こる貧血は、巨赤芽球性貧血といい、悪性の貧血なのです。一般的な鉄分が不足して起こる貧血とは異なります。

貧血を予防するためには葉酸が不可欠なのです。

葉酸にはDNAやRNAなどの核酸を合成する際に、遺伝子情報を正しくするといった効果があります。そのため、葉酸の摂取によって細胞や血液も正常なものが作られるようになるのです。

これは、妊娠初期の受精卵が細胞分裂をするさいにもとても重要になります。ここで正しく細胞が作られることによって先天性の異常のリスクが軽減されるのです。

天然と合成とではどちらが良い?

葉酸には、天然と化学合成で作られるものの二種類があります。一般に天然のものが安全といった考え方があるのですが、必ずしもそうではありません。

サプリメントを試してみたいと考えている場合、1回の服用で必要な量だけ葉酸が含まれているか。また、どのような栄養素が他に配合されているかというほうが重要なのです。サプリメントを比較してみれば分かりますが、配合されている成分が異なっているのです。

また、天然の葉酸のほうが、合成の葉酸に比べると体内への吸収効率が悪いので、同じ量の葉酸を摂取する場合には天然のもののほうが多めに服用する必要があるのです。

サプリメントごとの違い

天然と合成の葉酸のサプリメントを比較した場合、葉酸そのものが若干違うので、体内への吸収効率が異なります。合成の葉酸のほうが吸収効率が高いので、1日の摂取量の上限を超えるほど摂取した場合は過剰摂取による副作用が出ることもあるのです。

もちろん、天然の葉酸でも副作用が全くないとは言い切れませんが、合成の葉酸に比べるとリスクは低くなります。

合成の場合は、若干副作用のリスクが若干高くはなるものの、体内への取り込む吸収率が高いため、1日に必要とする量を摂取しやすくなります。そのため、厚生労働省では天然のものではなく、合成の葉酸を推奨しているのです。

葉酸は食事から摂取することもできますが、現代の食生活ではそれだけでは葉酸不足となっています。そのため、サプリメントなどで1日に必要とされる量を摂取することで、食事で不足する分は確実に補えるのです。

但し、過剰摂取にならないように、1日に服用する量はきちんと守る必要があります。